パノムルン石造遺跡
パノムルン石造遺跡
044-782-715
ブリーラム県ナーンローン町
開園日時は、毎日午前6時から午後6時まで
-
入場料 タイ人20バーツ

パノムルン石造遺跡は、ブリーラム県における優美で壮麗な建築物として有名な石造遺跡です。パノムルンという名は、クメール語で「パノルムンあるいはウォンルン」と言い、大きな山という意味を指しており、死火山の山頂に位置しています。

この遺跡は、10世紀から12世紀中のヒンドゥー教の神廟ですが、チャイヴァルマン7世の統治時代において直線型のレイアウトに設計および組み立て直され、仏教上の重要な地に遂げました。重要な点は、神殿の中心が東の方角を向いていることです。この地へとつなぐ階段の右手には、御野立所と呼ばれる建物があり、国王による礼拝や儀式が行われる前の国王の御休息所として使われていました。

建物内部は様々な構造体が中央祠堂の頂部まで一面に散り敷かれており、シヴァ神が安置された祠と同様のものです。ナーガ王の橋に繋がる参道の両側には立ち並んだナーガの柱があり、この参道は人間界と天との境界の間をつなぐ地点だとされている。ナーガ王の橋の最後には神殿へと続く階段があります。神殿内部の中心通路部には12世紀に建立された神殿は、精緻で優美な作りを神殿のあらゆる部分で確認することができます。それ故、この地は、文化芸術的に大変価値があると認められています。

建築物の優美さに加えて歴史学的にも重要性が高いパノムルン石造遺跡は、人生の中で一度は行ってみたい場所だと言えるでしょう。

interesting
パノムルン石造遺跡
1. 階段の始まり
2. 御休息所
3. 参道
4. ナーガ王橋1階
5. 神殿へと続く階段
6. 神殿前広場
7. ナーガ橋2階
8. 神殿広場および上部テラス
9. アーチ形の扉や曲がったテラス
10. ナーガ王橋3階
11. 中央祠堂
12. レンガ作りの2つの神殿
13. ノーイ尖塔
14. 図書館
15. 紅土で建造された建物

地図
旅行

By Car
From Bangkok, use Highway No. 1 (Phaholyothin) and turn right in Saraburi onto Highway No. 2, 224, and 24 respectively. In Nang Rong district, make a left turn onto Highway No. 218 reaching Buriram. Once in Buriram, continue on 218 for another 50 kilometers. Turn left onto Highway No. 24 and proceed 14 kilometers to Ban Thako where you turn into Chaloem Phra Kiat District. Keep on driving for another 12 kilometers and you will reach the destination.