国王陛下御発案プロジェクト・クンクラベーン湾開発学習センター
国王陛下御発案プロジェクト・クンクラベーン湾開発学習センター
039-433-216
チャンタブリー県ターマイ郡クローンクット町
開館日時は、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後4時30分まで

国王陛下は、チャンタブリー県知事に対して沿岸地区における学習開発センターにふさわしい土地の確保および管理を実施する旨を御発案した結果、クンクラベーン湾開発学習センターが開設されました。このセンターは、沿岸地区の農民および漁民の職業開発プロジェクトも担っています。

当センターの面積は、計4,000ライに上り、その内の200ライは持続的な自然資源の復興と管理の目的のために、海岸沿いがマングローブ林となっています。また、漁業や養殖分野での研究成果の村民に対する知識普及拠点ともなっています。豊かな自然環境の保護および生態系均衡の維持についても関心を払っており、今日、見逃すことがでいなほど緑いっぱいの観光スポットに変貌しました。

マングローブ林周辺には、自然を散策できる歩道橋があり、情報案内掲示を頼って様々なスポットを1キロメートルにわたって心地よく探索することができます。そこには、マングローブの高木、ラムプー、そしてマングローブといった自然豊かな植物だけでなく、ブレニィ、アカテガニ、皿カブトガニといった海の生き物も観察することができます。自然を探索した後は、海辺まで延伸した休憩所で新鮮な空気を吸ってリフレッシュしたり、美しい海と平行に並ぶマングローブ林を堪能してはいかがでしょうか。

マングローブ林のことだけでなく、海辺の漁民の暮らしぶりもまた観光客にさらなる好奇心を誘い、その姿に感心するでしょう。

interesting
国王陛下御発案プロジェクト・クンクラベーン湾開発学習センター
1. クンクラベーン湾開発学習センター
2. 農業分野の学術成果
3. クンクラベーン湾マングローブ自然学習センター
4. チャルムプラキャット水族館
5.魚の養殖見学場 
地図
旅行

車での移動
バンコクからチャンタブリー県方面のスクンヴィット通りを使ってキロポスト301-302のところまで行き、ノーンシーガーの分岐点を右に曲がり、主要道路をまっすぐ27キロメートル進み、ワンヒン寺、ランパン寺、ターサーラー寺を通過します。次に、分岐点を左に曲がり、クンウィマーンに向かって進むと、当センター行きの看板が見えてきます。