カンペーンペット国立公園
カンペーンペット国立公園
055-854-736
カンペーンペット県ムアン郡ノーンプリン町
入園日時は、毎日午前8時から午後4時30分 まで
城壁内地区: タイ人20バーツ
アランイック地区: タイ人20バーツ
両地区共通: タイ人30バーツ

カンペーンペット国立公園はピン川の東岸に位置しており、3.4平方キロメートルの敷地は城壁により2つの地域に分割されています。城壁内の市街の面積は、503ライであり、城壁外の市街はアランイック地区と呼ばれ、その面積は1,611ライです。芸術局は、カンペーンペット歴史立公園の遺跡地区として城壁内外の2,114ライを指定したのです。

国立公園内にある大きな遺跡群は、ラテライトを建築材として利用した特徴的な建築物です。建築様式も、職人の手が込んでいて、本物の芸術であり、先祖への信仰も表しています。鬱蒼とした森の中には遺跡郡が集結しており、かつてのようなアランヤワシー地区にある仏教遺跡の雰囲気がそのまま残っています。貴重な遺跡は、数多くありますが、例えば、城壁内にあるプラケオ寺は一番大きな王宮寺院です。パタート寺は、プラケオ寺の前方あるいは東に位置しています。プラケオ寺の北には古代の王宮であるサモンがあり、その周辺から屋根瓦の破片や陶器の欠片、古代の道具等が発掘されました。また、カンペーンペット県の市街で唯一のヒンドゥー教のプラ・イスワンの神殿もあります。

アランイック地区にも重要な遺跡が多数あります。例えば、プラノーン寺、プラシー・アリヤーボット寺、チャンロープ寺、プラシン寺、アワートヤイ寺、プラバロムマ・タート寺、スンゴー寺、グラントゥン仏塔、ノンピクン寺、トゥン・セティ砦などです。

interesting
カンペーンペット国立公園
1. チャンロープ寺
2. プラシー・イリヤーボト寺
3. シン寺
4. プラノーン寺.
5. アワートヤイ寺
6. クランナコーン寺
7. チャオチャン砦
8. プラタート寺
9. 観光客情報サービスセンター
10. 博物館

地図
旅行

車での移動
カンペーンペット県の市街からカンペーンペット―プランガターイ通りに沿って約5キロメートル走行し、キロポスト360キロメートルを左に曲がります。