21
Apr
2019
Krung Thep Maha Nakhon (Bangkok)
34.5°
39° 30°
ナコンシータマラート県あるいは「ムアンリコー」。その名は、ヨアユタヤ王朝時代にヨーロッパ人として初めてタイとの交易をし始めたポルトガル人の商人の名が由来です。また、その時代は、ラーマーティボーディー2世の時代と重なっており、ナコンシータンマラートの旧名称であるプラリンという名に従っています。 ...もっと
ランパーン県は、ハリプンチャイ王国と姉妹国であった理由は、この両県の国王がチャンマテーウィー王の双子の息子だったからです。それによって、ここは興味深いランナー文化発祥の地となり、タイ北部における県の一つに組まれました。さらに、美しく豊かな自然やシンプルな生活様式に触れることもできます。  大半...もっと
ペッチャブーン県といえば、多くの人が「タマリンド」と「雲海」を最初にイメージしますが、間違いではないでしょう。ペチャブーン県を訪問すれば、お土産としてタマリンドを買うのが定番であり、とても美しく壮大な雲海の景色も楽しるからです。朝寝過ごして雲海が見れなかったしまった場合は、まだペチャブーン県に行って...もっと
ローン・クルア市場で止まらない。「サケーオ」を行き尽くす 手頃な価格の中古市でのショッピングと言えば、全てが揃う「サケーオ」の「ローンクルア市場」を思い浮かべる人が多くいるでしょう。ただ、その他にもサケーオには、買い物の手が少し止まってしまうほど興味深い観光地がいくつもあります。さあ、観光に...もっと
不思議な町 「パッタルン」 南部の恵み豊かな自然 パッタルン はタイ南部で海に接していない2つの県の内の1つです。一方で、緑豊かな自然や広大な森林が拡がっています。また、かつての領域領土にまつわる話や数百年に及んで生活している土着の民「マンニ」あるいはよく知られている名として「サーカイ」の生...もっと
「ブンカーン」を探索する魅力 歴史ある新参者 多くの人はタイ全国76都県というフレーズを覚えてきましたが、この情報に変更を加える時がきました。というのも、「ブンカーン」は仏暦2554年から77県目の県になったためです。タイの東北部の最北端に位置し、新米の県として「ブンカーン」という県をより知っ...もっと
豊かな県という意味を持つチャンタブリー県には、滝、海、旧市街といった観光スポットが数多くあります。これらの観光スポットが口コミで広まり、見過ごすことができないチャンタブリーの魅力となりました。というのも、チャンタブリー県だけが、全てを兼ね備えている県だからです。 1000年以上の長い歴史を持ち...もっと
ラーチャブリー県はバンコク近郊にあるが故に、多くの人々が観光地として見落としがちです。しかし、実際は思っているよりかわいい物が多く、特に地元の人の生活スタイルに触れたり、芸術文化を味わったり、あるいは健康を高めたい人にお勧めです では、まず有機農業のライ・プルック・ラック農場から紹介します。そ...もっと
サムットソンクラーム県は、わずか3つの郡だけがある小さい県ですが、日帰りあるいは一泊してでも楽しむことができる観光スポットが数多くあります。 のどかで美しいター・カー水上マーケットあるいは別名「ナット・ター・カー」と呼ばれる市場は、実際に地元の人も利用している市場です。市場を訪れた後は、ドーン...もっと
高山や緑溢れる自然、そして霧が好きな観光客にとって、ルーイ県はピッタリの県だと言えるでしょう。というのも、この県は、山頂を覆うほどの霧に覆われた複雑な山系を有し、大自然が目の当たりにできる観光の街だからです。 観光客の間でよく知られている山と言えば、プークラドゥン、プールアン、そしてプールアが...もっと
イサーンの美しい花の町チャイヤプーム チャイヤプーム固有の花柄や水流模様で織りなされる絹織物は、他のイサーン地域の模様と比べてでも、その美しさは引けを取りません。絹の美しさに加えて、身近な自然や生活様式を模様に反映している点もこの絹織物の特徴です。言い換えれば、趣向を凝らしている点として明確...もっと
タイ南部へ行くにはチュンポン県を必ず通過するので、チュンポン県はタイ南部の入口であると越境する多くの人に言われています。実際のところ、美しい海や楽しいアクティビティもたくさんあります。 森林や透明な海といった自然やいろいろな必見の観光スポットがあります。例えば、三日月型に曲がったトゥンウゥアレ...もっと

ผลการค้นหาเพิ่มเติม