サムットソンクラーム

サムットソンクラーム県は、わずか3つの郡だけがある小さい県ですが、日帰りあるいは一泊してでも楽しむことができる観光スポットが数多くあります。

のどかで美しいター・カー水上マーケットあるいは別名「ナット・ター・カー」と呼ばれる市場は、実際に地元の人も利用している市場です。市場を訪れた後は、ドーン・ホイロートでストロー貝の潮干狩りを体験し、美味しいシーフードでお腹が満腹になるでしょう。

メークロン川周辺に来れば、地元住民にとても崇拝され、サムットソンクラーム県の大切な寺院であるバーンレーン寺、あるいは別名ペット・サムット・ウォーラウィハーン寺でのルアンポー・バーンレーン像へのお参りがお勧めです。他にも綺麗な仏堂や教会が多数あります。帰える前には、お土産の買い物や地元の人の生活スタイルを観るために、夕方開催されるアンパワー水上マーケットにもぜひお立ち寄りください。もし、アンパワーに宿泊したい方は、川沿いに雰囲気の良いホームステイスタイルの宿泊施設があります。

その他に、サムットソンクラームの別の面が見られるアクティビティとして、ココナッツ畑に沿った道のサイクリングです。ココナッツ畑は、サムットソンクラームの人々にとってはシンボルの一つです。サムットソンクラームは小さな県ですが、良いものが多くあるのです。

地図
旅行

By Car

From Bangkok, use Highway No. 35 (Thonburi-Pak Tho) heading to Rama II. At the kilometer marker 63, use the bridge to turn to Samut Songkhram city center.

By Bus

Bus number 78, 986, and 980 from the Southern (Sai Tai Mai) Bus Terminal

18
July
2019
サムットソンクラーム
29°
33° 25°
attraction_image
プラブロムラーチャヌソーン・プラバートソムデート・プッタルート・ラーナパーライ記念公園、あるいはラーマ2世記念公園は、ラーマ2世財団によるラーマ2世王室プロジェクトであり、。国への壮大な遺産として美しい芸術を残したラーマ2世への恩顧とその偉大なるお慈悲に対する国民の気持ちとして公園が記念として建てら...もっと
attraction_image
サムットソンクラーム県でお勧めの水上マーケットは、アンパワー水上マーケットだけではありません。もっと歴史があり、落ち着いた雰囲気がお望みなら、アンパワー水上マーケットから離れていないバーン・ノイ水上マーケットがお勧めです。 かつて、ここは賑やかな市場で、メークロン―ターチーン川の河川流域水路網...もっと
attraction_image
サムットソンクラーム県は、水上マーケットの県と呼ばれますが、その中でもター・カー水上マーケットは見逃せません。ター・カー水上マーケットは、これまで、そして現在も野菜や果物の栽培のための交通手段として地元の人々に使用されています。もちろん、そこで栽培した農産物は、定期的に水上マーケットで販売されていま...もっと
attraction_image
プンマリン・クディトーン寺は、メークロン川沿のプラチャーチューン運河の入り口の西側に位置しています。寺院内には信仰心が深く、歴史に関心がある観光客にお勧めの興味深い場所が数多くあります。 バーンリー・ボン寺の住職に献上するためにラーマ1世王妃の父親によって建立されたチーク材による僧房であるクデ...もっと
attraction_image
サムットソンクラーム県は、バンコクからとても近くて、土日などの休日にゆっくり観光でるので、最も人気のある観光地の一つだと言われています。ここは、サバが美味しいことだけでなく、興味深い観光スポットが多くあることでもで有名です。その一つが、バーン・クン駐屯地、あるいは、別名バーン・クン寺です。 こ...もっと
attraction_image
チョーン・ロム寺は、1830年に信仰心の深い住民によって建立され、プラ・クルー・プアンという僧を住職として迎えました。その後、仏堂、仏殿、仏道学習場、僧房などを建て、寺を拡充していきました。 この寺の特徴は、メークロンの人々が信仰を寄せ、頻繁に参拝に訪れるルアン・プー・トゥアット大仏です。ある...もっと
attraction_image
タイで有名な水上マーケットと言えば、多くの人々が最初に思い浮かべる名はアンパワー水上マーケットでしょう。川沿いの伝統的な生活様式が保たれている点が評価され、2008年ユネスコのアジア太平洋遺産賞(文化遺産保護)を受賞しました。そのため、タイ人や外国人観光客に有名なのです。 この水上マーケットは...もっと
attraction_image
ロムフップ市場は別名メークロン市場もと呼ばれ、地元の人々は、「死ぬリスクがある市場」とも呼んでいます。世界およびタイ国内の市場と一風変わった特徴があるのですが、それは市場の中心を列車が走るということです。列車が来ると、商人たちは商品を片付けて、傘や日よけテントを一斉に畳みます。それは、ロムフップ市場...もっと