スパンブリー

最も色彩豊かな町スパンブリー

バンコクから車でほそう遠くない場所にあるスパンブリー。都会生活よりも時がゆっくり過ぎ、地元の人の暮らしを伺うことができます。「スパンブリー」はスパンブリー川あるいはター・チーン川が流れているので、数百年以上に渡って貿易の拠点となっていました。また、ローイ・ピー・サーム・チュック市場では、タイ人と中国人の文化や生活様式が混じり合っている光景を見ることができます。かつての風情がまだ残っているこの市は、アンティーク好きの人気を集めています。

その他に、スパンブリーは山々に接している県であり、プ・トゥーイ国立公園では自然や美しい景観が楽しめます。また、フップ・カオ・ウォンダム湖やクラシアオダムも期待に応えてくれます。多くの人の目にまだ触れていない見所としては、チャルーム・パッタラ・ラーチニー公園での散策やスパンブリーの町の中心にあるバンハーン・チェムサイタワーがあります。スパンブリー県全体をこのタワーから自身の目で見渡すことができます。深呼吸をして、目も心も大きく開けば、色彩豊かな町スパンブリーを体感できるでしょう。

地図
旅行

車 

バンコクからノンタブリー県バーン・ブアトーン郡の分岐点を西に折れて外側の道を回りながら進み、国道340号線に入ります。それから、スパンブリー県 を目指して約 70 km進みます。

長距離バス 

スパンブリー県行きの普通バス又はエアコン付きバスは、毎日運行しています。詳細は、トランスポート社にお問合せください。お電話は1490番までウェブサイトは www.transport.co.thからアクセスできます。

鉄道

スパンブリーまでの電車はタイ国有鉄道が毎日運行しています。運行時刻は、www.railway.co.th/checktime/checktime.asp で確認ができます。その他のお問い合わせは、1690番のタイ国有鉄道まで。

24
May
2019
スパンブリー
31°
37° 25°
attraction_image
ブンチャワックは、自然の沼地であり、その広大な面積は2,700ライもあります。ラムサール条約に基づく湿地帯であり、生物学的多様性を有しています。この沼地の深さは約1メートルから3メートルです。仏暦2538年には、タイ学士院の元首相バンハーン・シラパアーチャー が、ラーマ9世御即位50周年を記念して、...もっと
attraction_image
クラ・シアオダムに訪れるなら、ダムから望む夕日は必見です。このダムは、仏暦2523年に土堰堤として建設され、当時のタイでは最も長いダムでした。総貯水容量は、2億4千万立方メートルで、スパンブリー県での比較的規模の大きな魚の養殖場としても使われています。また、美しい自然が楽しめる観光スポットでもあり、...もっと
attraction_image
川岸にあるこの魅力溢れる市場は、100年以上歴史がある古き良き市場で、中華系の人々によって形成されました。市場の古民家はかつての状態で完全に保全されています。ただ、市場を遮断する道路が建造された後は、川岸での商いは減っていきました。そのため、地元の人やサーム・チュック市場、さらにこの市場の価値を認識...もっと
attraction_image
スパンブリーの歴史において重要な場所の一つがドン仏塔記念碑。そこには、ナレースワン大王騎象像碑とユッタ・ハッティー寺院があります。この仏塔は、ナレースワン大王が騎象戦でビルマの副王に対する勝利を祝して、仏暦2135年に建立しました。そして、仏暦2495年には、タイ陸軍によって改修され、新たに再建され...もっと
attraction_image
カオホーン市場はかつてタイと中国の交易地であり、100年以上前にスパンブリー川あるいはター・チーン川の岸辺に沿って繁栄していました。「カオホーン市場」という名は、「ホン氏」という中国人が建てた古民家の家「カオホーン」からの由来だと言われています。ホン氏はバンコクから移り住み、「カオホーン」の家の近辺...もっと
attraction_image
パイ・ローン・ウア寺院あるいはポーターラーム寺院は、仏暦2469年に建立されました。スパンブリー人やタイ仏教徒からの信仰を集め、参詣者が絶えません。その理由は、法具や重要な古代遺跡がいくつかあるからです。例えば、「プラ・プッタコードム」はタイで最も大きいな青銅製の仏像であり、プラ・クルー・ウタイパー...もっと
attraction_image
パー・レライ寺院は、タイで最古の寺院の一つであることで名高いです。築1200年以上経ち、スパンブリー王国が繁栄していた頃に建立されたとされています。ポンサーオダーンヌアの会議録によると、仏暦1724年にカーテー王がモン族にパー・レライ寺院の改修をさせました。今日パー・レライ寺院は、王室寺院として三等...もっと
attraction_image
プラ・ノーン寺院は、タイにいくつもある寺院ですが、この地のプラ・ノーン寺院の特徴は、2mほどの寝姿の仏像が安置されており、それは、仏陀が涅槃に入った地であるインドのクシナーラーの町 にある涅槃像と同程度のものです。 その他にもこの寺院には興味深い点がいくつかあります。例えば、寺院の前にある僧侶...もっと