スコータイ歴史公園
スコータイ歴史公園
055-697-527
スコータイ県ムアン郡ムアン・ガーオ町
入園日時は、午前6時30分から午後7時30分まで
外国人100バーツ タイ人20バーツ 

かつて、タイの首都であったスコータイは大いに繁栄した都でした。国の中枢というだけでなく、宗教、そして経済の中心でもありました。そのため、スコータイ歴史公園の敷地面積は、約70平方キロメートルにのぼり、重要な遺跡や場所が多くあります。例えば、宮殿、宗教施設、史跡、城壁、そして旧市街への城門があります。

城壁内の興味深い見所は多くあります。例えば、マハタート寺は街の中心にある大きな寺院で、シーインタラーティット王時代に創建されました。寺の内部には200基もの仏塔があり、それ故、旧都スコータイの最重要寺院となりました。ラムカムヘン国立博物館には、スコータイの遺跡で発掘され、出土した芸術品や一般市民から寄贈された骨董品が収集され、展示されています。博物館内のコレクションは、700年ライ・スータイ棟、博物館棟、屋外展示棟の3つのゾーン分けられ、展示されています。さらには、ターパーデーン祠堂、ラテライト作られたヒンドゥー教の宗教施設もあります。加えて、プラ・ルアン宮殿の丘(宮殿跡地)、トラ・パングーン寺、サシー寺、ラムカムヘン大王碑があり、城壁外エリアにも重要な遺跡がさらにあります。

また、1991年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、スコータイ歴史公園、シーサッチャナライ歴史公園、そしてカムペーンペット歴史公園を世界文化遺産登録しました。もしスコータイに寄る機会があった時には、ぜひ歴史公園内の遺跡全てをご覧ください。

interesting
スコータイ歴史公園
1. ヒップボン寺
2. ヒップラーン寺
3. アランイック寺
4. サパーン・ヒン寺
5. チャーンロープ寺
6. マンコーン寺
7. プラ・ユン寺
8. パーサック寺
9. パー・マムアン寺
10. シーチュム寺
11. サンカローク陶磁器の窯
12. プラパーイルワン寺
13. サ・シー寺
14. トラ・パングン寺
15. シーサワーイ寺
16. トラクワン寺
17. マハタート寺
18. ラムカムヘン大王碑
19. 町の柱の祠堂
20. マイ寺
21. ムンムアン寺
22. ラムカムヘン国立博物館
23. チェットゥポン寺
24. シーホン仏塔寺
25. トンチャン寺
26. トラ・パン・トーンラーン寺
27. チャーン・ローム寺
28. スーン仏塔寺

地図
旅行

車での移動
国道1号に従って、ナコンサワン県、カンペーンペット県を通過し、国道101号に入り、プラーン・クラターイ郡、キリマート郡を通過します。その距離、約440キロメートルです。他のルートとしては、国道1号に従って、ナコンサワン県、ピッサヌローク県を通過し、国道12号(シンハワット通り)に入り、旧市街エリアに入れば、多くの仏塔が見えてきます。