トゥンカイ植物園
トゥンカイ植物園
075-280-166
トラン県ヤーンターカーオ郡トゥンカイ町
開園日時は、午前8時から午後4時まで

トゥンカイ植物園は、タイ南部において重要な自然植物学習ができる観光スポットです。なぜならここには広大で平坦な熱帯雨林の森に囲まれており、自然学習の宝庫だからです。さらに、トラン県にとってな重要なエコツーリズムが楽しめる観光スポットでもあります。

約4.16平方キロメートルの面積は、多様な植物を学習するのに適した区域に分割し、分類されています。タイ南部の重要な植物を収集し、分類学的に分けています。例えば、パーム科、ゴム科、ショウガ―ガランガル科などに分けています。形態学的に分類されたエリアでは、多様な形態が学習できます。植物群別に分けた園としては、ラン園、乾燥地植物園、食虫植物園、シダ植物園があります。そして、植物から得られる役立つ知識を学習できる地元の植物園の役割も果たしています。

トゥンカイ植物園にある自然学習のための遊歩道も見逃せません。タイで最初のキャノピーウォークウェイであり、橋の長さは175mです。5本のつなぎ橋と6本の塔で構成されています。橋からは、多種多様な樹木がはっきりと観察でき、ノドアカゴシキドリ、マレーヒヨケザル、リス、そしてサルといった森の動物も見られます。さらに湿地林を学べる1200mに渡る自然歩道もあります。特徴的な湿地林の環境に対応し、進化しする樹木の様子も観察できます。見学は、徒歩で30分から45分要します。

interesting
トゥンカイ植物園
1. クロン・ラムリアン僧房
2. フクギ科
3. 学習向けハーブプラント
4. モクレン科
5. パーム科
6. 湿地林の自然遊歩道橋
地図
旅行

車での移動
トラン県の市街から約10キロメートルから12キロメートル離れた場所に位置します。トラン-パ・リアン線(国道404号)を利用し、ターカーオ郡に到着したら、キロポスト11キロメートル地点に植物園(トゥンカイ)があります。